ラグビーワールドカップが開幕!「ウェールズvsジョージア」をプレビュー&レビュー ~ラグビーワールドカップ2019日本大会観戦記⑧

9月20日、ラグビーワールドカップが日本で開幕しました!

ウェールズvsジョージアをプレビューします!

試合のレビュー

スコア

ウェールズ 43-14 ジョージア

Player of the Match

ジェーク・ボール(ウェールズ)

観客数

35,545人

試合後のプール順位

試合展開&感想

ウェールズがジョージア相手に実力を見せつける試合になりましたね。

アイルランドが典型ですが、ヨーロッパのラグビーって体格を生かしたフォワードでごりごりやってくるのが主流です。

そんななかウェールズは珍しくバックスでの決定力があるチームです。

この日も前半2分にスクラムから8番、9番を経由して2人飛ばして13番がトライを取るといったサインプレーを見せました。

鮮やかなトライでしたね。

それ以外にも、内側へ切り返す戻しパスや、パスを受けた選手がパスした選手に巡目にパスを出すループパスなどを多用。

バックスでの展開でのトライを量産しました。

前半のうちにボーナスポイントを確定させました。

ジョージアはというと、42分に自慢のフォワードがモールで押し込んでトライ。

68分にもフォワードがごり押しししてトライ。

自分たちの形でトライを取り切っています。

6トライを取られた完敗ではありますが、次につながる試合をしたと思います。

試合情報

対戦カード

ウェールズvsジョージア

会場

豊田スタジアム

試合開始時刻

2019年09月23日 (月) 19:15

公式チケットサイトの寸評

セットプレーを軸にした手堅い攻撃に加えスピーディーなボール回しも得意な「赤い竜」、ウェールズ代表。格闘王国からやってくるジョージア代表との肉弾戦をいかに制するかが鍵だ。

個人的な試合予想

今年のシックスネーションズを全勝で6年ぶりに優勝したウェールズ。

W杯の優勝候補に並べられる強国の初戦です。

残念ながらジョージアに勝ち目はないのではないでしょうか。

見どころはウェールズのバックスへ展開したときの突破。

ジョージアが自慢のフォワードでトライを取ることができるのか。

こちらに注目したいです。

個人的なこの試合の注目選手

ウェールズ

アルンウィン・ジョーンズ(LO)

W杯直前に世界ランク1位に輝いたウェールズの主将を務める。

ラインアウトではモールの核となり、スクラムでは1列目を支える役割。

これらを忠実にこなし、主将にまで上り詰めた闘将です。

この大会中にウェールズ歴代最多の130キャップを獲得するのは間違いなさそうですね。

過去最高の3位以上を目指すW杯。

胸には期するものがあるはずです!

ジョージア

ジャバ・ブレグバゼ(HO)

サンウルブズをご覧になられる方ならご存知のフッカー。

堀江がケガでいない間、日本のサンウルブズで活躍してくれました。

ジョージア初のスーパーラグビーでプレーする選手だったそうです。

パワー全開のパワフルラグビーは見るに値します!

試合観戦

この試合はJsports 1、NHK BS1、日テレで生中継があります。

ハイライトはDAZNで見られます。

私は実況・解説がマニアックなJsports 1で観戦予定です!

次の試合

次の試合はこちら(ロシア vs サモア)

あわせて読みたい

ウェールズ

vsオーストラリア
vsフィジー
vsウルグアイ

ジョージア

vsウルグアイ
vsフィジー
vsオーストラリア