ラグビーワールドカップが開幕!「イングランドvsトンガ」をレビュー ~ラグビーワールドカップ2019日本大会観戦記⑦

9月20日、ラグビーワールドカップが日本で開幕!

イングランドvsトンガをプレビュー&レビューします!

イングランドがこの上ないスタート切りました!

試合のレビュー

スコア

イングランド 35-3 トンガ

Player of the Match

マヌー・ツイランギ(イングランド)

観客数

35,923人

試合後のプール順位

試合展開&感想

前半10分までスコアレスだったことからみても、イングランドですら硬くなるのが初戦ってやつですね。

PGで3点ずつ取り合ったのち、前半24分にこの日のPlayer of the Matchに選出されたツイランギがトライ。

ディフェンス3人を引きずりながら右サイドでトライを取りました。

その後30分にもバックスでの展開からツイランギがトライ。

後半にはモールでもトライを取り、バックス、フォワードともに隙のないところを見せます。

さらにトンガの攻撃はPGの3点のみにおさえるなど、守備でも隙がありませんでした。

優勝候補イングランドが幸先の良いスタート決めました。

試合情報

対戦カード

イングランドvsトンガ

会場

札幌ドーム

試合開始時刻

2019年09月22日 (日) 19:15

公式チケットサイトの寸評

2015年大会で日本代表を率いたエディー・ジョーンズヘッドコーチが、イングランド代表を率いて日本に戻ってくる。激しいコンタクトプレーを売りとするトンガ代表相手に好発進できるか。

個人的な試合予想

自国開催だった前回大会で屈辱の予選プール敗退を喫したイングランド。

同じ轍は踏むまいと初戦からアクセル全開で来るはずです。

一方のトンガは過去7大会に出場し、プール突破の実績はなし。

15年大会で決勝トーナメントに出場できなかった両国ですが、立場は全然違います。

明らかな実力差があるため、イングランドが優勝に向けたスタートダッシュを決めるための試合になりそうです。

トンガもまたウォークライを試合前に披露するチーム。

「シピタウ」の勇壮な踊りも必見です。

個人的なこの試合の注目選手

イングランド

マロ・イトジェ(LO)

現在24歳のロック。

代表デビューは21歳のときで、このとき大学生でした。

並大抵の学力ではなく、奨学生として伝統的パブリックスクール校のハーロー校に進学。

プロ選手として活動をしながら、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院で政治学を修めるなど文武両道を地で行く選手です。

それでいてプレーは荒々しく、かつしなやかな体さばきも見せます。

将来のイングランドを背負って立つ男だと期待されています。

トンガ

ベン・タメイフナ(PR)

サモア、フィジーとならぶポリネシアのチームの中でも、ひときわ大きな体格の選手が揃うのがトンガ。

その象徴ともいえるのがプロップのタメイフナです。

なんと体重155㎏!!

今大会最重量の選手と言われています!

これだけ重たい選手が突っ込んでくるのをどう止めるのか。

これだけ重たい選手がどれだけ走れるのか、注目です!

試合観戦

この試合はJsports 1、NHK BS1、日テレで生中継があります。

ハイライトはDAZNで見られます。

私は実況・解説がマニアックなJsports 1で観戦予定です!

次の試合

次の試合はこちら(ウェールズ vs ジョージア)

あわせて読みたい

イングランド

vsアメリカ
vsアルゼンチン
vsフランス

トンガ

vsアルゼンチン
vsフランス
vsアメリカ