1年育休を取った2児のパパの日常~50日目(6月14日)~ いちかオンラインお茶会に飛び入り参加

ふたばをひとめ見たいと、妻の友人がオンラインお茶会を熱望。

それが実施された日曜の昼下がりでした。

私といちかはコロナ後初の外食

お昼からオンラインお茶会(授乳中の妻以外はお酒飲んでます(笑))なので、私といちかはお外でランチ。

近くのファミレスへ行きました。

外出自粛となってからは初のいちかとの外食。

ファミレスですし、特別おいしいわけでもありませんが、久しぶりの外食がとても新鮮でした。

それはいちかも同じだったみたいで、とても楽しそうに食べてました。

こうやって少しでも景色を変えることは大事ですね。

いちかオンラインお茶会に飛び入り参加

約1時間半、私といちかは外出していました。

その間、妻はふたばのお世話をしながら、オンラインで友人と会話。

ママになる前からの友人との会話はとてもリフレッシュになったようです。

結局義母が来てくれる3時までの3時間、オンラインお茶会に参加してました(お茶会自体は4時半までやってたみたい)。

途中からいちかも参加。

邪魔しちゃ悪いからといちかと遊ぶ気満々でいたのですが、オンラインで顔を見ながらお話できるのが楽しいのか、女子トークに混ざりたかったのか、ママのひざの上でずっとおしゃべりに参加してました。

「おに」という単語が聞こえてくると「おにーのパンツはいいパンツ、つよいぞーつよいぞー」と歌い、好きなことはなに?と聞かれると「えほん!」と答えてました。

なんだか、友人たちも楽しんでくれていたようで、良かったです。

その間私はというと、せめてもの思いで、ふたばが泣き出さないように一所懸命抱っこしてました(笑)

ふたばと遊べるようになってきた

ふたばは最近、起きている時間が少しずつ伸びてきています。

そんなときは無理に寝かそうとせず、少し遊ぶことにしています。

ふわふわしたアヒルのガラガラ、振ると鈴の音がし、握るとぶーっと鳴るおもちゃ。

こんなものをいちかが赤ちゃんのときにもらっていたのでそれで遊んでいます。

目の前でゆっくり振ると、目で追いかけます。

耳元でリンリンと音をさせると手を動かします。

肌ざわりがいいので、顔や手足をさすってあげると、手足をバタバタさせて喜んでいるように見えます。

こんな反応があるだけで楽しくなっちゃうのが親ですよね。

3~4分、ふたばが疲れない程度遊んでます。

最近、笑顔もよく見られるようになってきています。

でもまだ、これは反射で起きる「生理的微笑」ってやつでしょう。

楽しくて、うれしくて笑っているのとは違うと思います。

自分の意思で笑う「社会的微笑」ってのが身についてきたら、パパはもっともっと遊んじゃうんでしょうね。

2~3か月くらいから身についてくると言われているので、楽しみに待ちたいと思います。

なんだかんだ、生まれてからもう50日。

早いもんですねぇ。

1年育休を取った2児のパパの日常~41日目(6月5日)~ まねごとではなくホンモノごと

先日書いた「パパはおままごとが苦手」。

あれをどうにかしようと、頑張ってみました。

まねごとだからイヤなのであれば…

私は娘のおままごとに付き合うのが苦手だと書きました。

世のパパの多くは同じように苦手なんじゃないかと思っています。

なんで苦手なんだろうと思ったとき、「まねごとだから」なのかなと行きつきました。

じゃあ、同じように“料理”をするのであれば、本当にやっちゃえばいいじゃん、ということ。

最近いちかがよく折り紙でサンドイッチを作っているので、本物のサンドイッチを作ることにしました。

パンをトーストして、三角に切る

チーズも三角に切る

卵をゆでて、殻をむく

ブロッコリーとゆで卵を細かく刻む

細かく刻んだブロッコリーとゆで卵をマヨネーズで和える

パンにチーズ、ハム、タマゴサラダをのせてサンドする

手順はこんなもんです。

包丁はこども用のこんなの使っています。

これは私もいちかも楽しかったみたい。

いちかなんて「ママがつくったのよりおいしくできたね!」ですって(笑)

料理していて気づけるこどもの成長ってあります。

ゆで卵はキレイにむくことができる

タマゴサラダはとても上手に味付けできる

一方、まだまだだな、ってのは、「パンを三角に切ること」

角と角を結んで切ればいいというのを理解するのは難しいみたい。

折り紙で養っていくといいものなのかな。

いちかの満足げな表情をみて、定期的に本物に触れさせる、ってのが大事なんだな、って思いました。

実は朝ごはんでもお手伝い

この日は朝ごはんでもお手伝い。

半年くらい前に一時、卵を割りたいブームがいちかにありました。

なので、朝ごはんのときに久しぶりに、こちらから呼びかけて卵を割ってもらいました。

家族3人分。

ひとつ黄身が割れてしまいましたが、手つきはさまになってました。

いままではこれで終わりだったのですが、きょうは一歩進めて、目玉焼きを焼いてもらうところまで。

熱したフライパンにボウルに入った生卵を入れて、水も入れて、ふたをする。

黄身がほどよく半熟になったところで、フライ返しを使ってお皿に盛る。

私がサポートしていますが、ほぼひとりで作った目玉焼き。

普段よりも朝ごはんの食べが良かったのは気のせいではなかったはずです。

やっぱり姉妹でも好みは違う

同じ夫婦から生まれてきても、姉妹で好みは違ってくるんだなって。

一昨日、ふたばがおしゃぶりをして寝たと書きましたが、いちかはおしゃぶりが大嫌いでした。

哺乳瓶のちくびですら嫌がっていたので、多分、樹脂っぽい感じが口に入るのも嫌だったんでしょう。

それが、ふたばに関しては、ちゅばちゅばやって眠りに落ちることもあります。

こんなことですが、姉妹でも違いを感じます。

どう育つのか、すごく楽しみです。

赤ちゃん訪問

赤ちゃん訪問なるものもこの日ありました。

区から委託を受けた助産師さんが、新たにこどもが生まれた家を訪れ、育児のアドバイスをするというもの。

まぁ、虐待や育児ノイローゼの事前発見的な、予防のためのものかと思います。

そこで、教えてもらったこと。

赤ちゃんの便秘については、お医者さんでも意見が割れているそうです。

ひとつは、3~4日出なくても健康的には問題ないので自然と排便されるのを待つという派。

もうひとつは、1日出なくて、それでこどもが不機嫌なのならば、刺激してでも出しなさい派。

助産師さんはこうやって意見が分かれていることなので、親が判断して対応してくださいとのアドバイスでした。

うちは何となく後者で対応してきていました。

ですが、この話を聞いてほうっておいたらどれくらいで出るのか、知っておくべきじゃないか、ということになり、この日はノーかん腸デー。

だもんで、この日のお通じはなしでした。

相変わらず便秘なんですね。

母乳だけにしても便秘なので、これだけが原因じゃないのかもね。

なお、この日の体重は4,650g。

増加ペースが速まっています(笑)

重く感じるわけだ…。

1年育休を取った2児のパパの日常~39日目(6月3日)~ 正解がわからない苦悩

いや、ホントに毎日毎日、何が正解かわからん問いを突き付けられているようで。

もう何度か書いてきたことですが、寝かしつけは何をしたら寝るのか、いつまでもわかりません(笑)

“1年育休を取った2児のパパの日常~39日目(6月3日)~ 正解がわからない苦悩” の続きを読む