魔の2歳。イヤイヤ期絶頂のいまを乗り切る方法

先日妻が娘のイヤイヤ期の餌食になったという記事を書きました。

今日は私がやられました…。

お風呂に入ろうしない娘にイラっ

妻の事案と比べればたいしたことじゃないんです。

夕飯時にいつも聞くように「きょうはどっちとお風呂入る?パパ?それともママ?」と聞きました。

めずらしく回答は「ママとはいる」でした。

それじゃということで、妻に先にお風呂に入ってもらい、娘の服を脱がす役割を担いました。

脱がそうとすると「いや、はいらない!」

「いま入らないとママがお風呂から出ちゃうよ」と促すも、

「ママでちゃだめ!」とむちゃくちゃな要求(笑)

おりがみで遊び始めちゃったので、仕方なく妻にはお風呂から上がってもらい、私と娘で入ることにしました。

洗髪の仕上げの約束守ってくれずイライラっ

お風呂に入ってからもまーったく折り合いません。

なんでも自分でやりたがる時期なので、髪の毛を洗うのも、体を洗うのも自分でやりたい。

それは理解しているので、やりたいようにやってもらうのですが、さすがに仕上げではしっかりと親の手で洗いたいもの。

「自分で洗っていいけど、仕上げはさせてね!」と伝えれば「いーよー!」の回答。

でもいざ仕上げをしようとすると、「パパやらないでっ!」。

約束守ってよー!とイライラは募るばかり。

妻からの「この前の私みたい」にハッとする

寝かしつけで寝ちゃう現象のせいで寝不足なのも手伝って、完全に余裕をなくしていました。

「この前の私を見てるみたいだよ(笑)イライラしちゃうのもわかるでしょ?」と妻のひと言。

「こういうときは余裕のある方が頑張ればいいから。同じ思いを共有できて良かった」と普段私がやっている歯みがきやドライヤーを代わってやってくれました。

夫婦で力を合わせて乗り切るしかない

ここに魔のイヤイヤ期を乗り切る鍵があるような気がしています。

もうね、基礎中の基礎ですが、「夫婦で力を合わせる」なんだと思います。

イヤイヤ期の対応でイライラするって言っても、夫婦の2人ともがいっしょにイライラするなんてことはまずないでしょう!

なので、どちらかがイライラしたら、していない方がその後頑張る。

ママが餌食にあったらパパがフォローする。

餌食になるのがママばかりにならないように、パパが餌食になることを買って出る。

こんな風に分かち合いながらやっていくしかないんでしょうね。

イヤイヤ期なんていずれは終わるもの。

そしてほとんどの親が乗り越えてきているもの。

そう思いながら夫婦で楽しんでいけたらいいな、と思います。

 

イクメン的きょうのひと言

「話がわかるようになったら、むちゃくちゃな要求してたこと教えてあげるね(笑)」