娘の幼稚園登園が絶不調だった件。どう改善したか、その一部始終をどうぞ!

9月12日の投稿で、「夏休み明け、娘の幼稚園登園が絶不調」と書きました。

結論から言うと、次の登園からはスムーズにいくことができました。

どのように改善したのか、その一部始終を記録しておきます!

9月19日ごろのできごとです。

9月12日の投稿のダイジェスト

夏休みが明けた9月の5日と12日。

娘がぐずって幼稚園に行きたがりませんでした。

その理由には、

ひさしぶりの幼稚園で親と離れたくなかった

5日の直前まで家族旅行でパパもずっと一緒だった

ママが体調不良でママの愛情が不足していた

などが考えられました。

泣きながら先生に連れられて教室に入っていく始末でした、というものです。

ママの体調不良はつわり

いまだから明かせるものとして、ママの体調不良の原因は妊娠です。

つわりが妊娠2か月にして強く出てしまったのです。

もうそこから寝たきりのような状態で、娘にとってママがこんなに不足するのは初めてのこと。

初めて経験するこの情緒不安定な状況に、久しぶりの幼稚園が重なって、「ママといっしょにいたいよー」になっていたようです。

ママ不足で夜泣き

ホントこの状況に娘はストレスが溜まっていたんだと思います。

これまでほとんどしなかった夜泣きのようなものもあり、ママの体調不良に情緒不安定さを募らせていました。

これには私も参っていました。

産婦人科に連れて行ったことで改善

この状況が改善したのは、ママの付き添いで産婦人科に行ったこと。

9月18日、最初の定期検診に娘はついていきました。

その検診で、娘はエコー検査で赤ちゃんの姿を見たそうです(高性能なエコーがある産婦人科のようで、この段階で結構鮮明に見られるんです)。

「ママのおなかにあかちゃんいるよー」とその日仕事から帰宅した私に嬉しそうに教えてくれました。

お姉ちゃんの自覚、かな

それまでも「ママのお腹には赤ちゃんがいるんだよ」と教えてはいました。

が、娘には実感がわかないのか、あまり関心を示しませんでした。

それが実際に動いいている映像を見て、腹落ちしたようです。

そこからはお姉ちゃんの自覚というか、ママの体調不良が仕方のないものだとわかったのか、その晩は夜泣きしませんでした。

翌日の3度目の登園も、まったく問題なく行くことができました。

まとめ

百聞は一見にしかず、といいますが、2歳児でもそのとおりでした。

もとも赤ちゃんが大好きな娘ですので、それからはママの頭をなでたり、「ままだいじょうぶ?」と話しかけたり。

赤ちゃんが生まれてくるのが楽しみなご様子。

産婦人科、連れて行ってもらって娘の情緒が回復した、というお話でした。