洗剤をアップデート ~ランドリーマグちゃんを導入してみた 途中経過編②~

洗剤をアップデートということで使い始めたマグちゃん。

思わぬメリットがあることに気づきました。

そもそものメリットは??

こちらを導入した経緯としては、

  • 洗剤代が安くなる
  • 洗剤を使うよりニオイがなくなる
  • 洗濯機がきれいになる
  • 環境にやさしい

といったものでした。

洗濯機がきれいになる、というのを実感するのは3か月くらい必要ということなので、こちらはまだ実感できていませんが、それ以外のメリットは十分に感じています。

洗い上がりにも満足しています。

思わぬメリットとは??

さて、冒頭であげた思わぬメリットとは何かですが、これは端的に言うと“時短”です。

洗濯の時間は全自動なので変わりません。

何が時短かというと、洗剤の投入量を計る時間が削減されます。

すでに洗濯機に洗剤がわりのマグちゃんを投入していますので、洗濯物の量に応じて洗剤の量を調節する必要がなく、洗濯物の重量を洗濯機が量る時間を待つ必要がなくなります。

1回30秒、1年で3時間の時短

その待ち時間がどれくらいなのか計測してみたところ、1回あたり30秒。

わずか30秒ですが、これを待たないで済むというのは気持ちがいいです。

そして、わずか30秒と自分で言いましたが、1年365日洗濯したとすると、

30秒×365日=182.5分

1年でおよそ3時間を捻出することができます!

意外と大きいですよね!

みんなが享受できるメリットだと思っていたが…

これが思わぬメリットだったのですが、これはうちが液体洗剤を計量して入れていたからなんですよね(;^_^A

すでにジェルボールタイプの洗剤を使っている方や、パナソニックなどが発売している最新の洗濯機で液体洗剤・柔軟剤を自動投入してくれるものを使っている方には関係ない話でしたね…。

なので、強引に結論としてまとめると、

マグちゃんやジェルボール洗剤などで洗剤の計量をしないで済むようにすると、計量の待ち時間が減って時短ができ、待つという精神的負担がなくなります

といったところでしょうか。

いずれにしても、マグちゃんは導入して損はない商品だと思っています。