イクメン的おすすめお出かけスポット⑤ ~スキー場 準備編(スキーウェア)~

準備編の第2弾として、雪遊びのときのウェアについてです!

子どもの雪遊びとはいえ、スキー場に行くわけです。

山の上の方に行くわけなので、スキーウェアは必須かと思います。

というわけで、子どものスキーウェア選びをうちではどのようにしたのか、記しておきたいと思います。

ウェアの調達方法は借りるか買うか

子ども服にいつもついて回る“サイズアウト問題”。

子どもの成長は早いので、前年に買ったものが次の年着られないなんてことはざらに起きることかと思います。

スキーウェアなんてものは冬の間の、スキー場に行くときだけ(そのほかは雪が降ったときの雪遊びするときだけ)しか着ないものかと思います。

そして、ふつうの服よりもお値段がするもの。

どうするか迷いますよね…。

調達方法は大きく分けて借りるか買うかですよね。

「借りる」も大きく分けて2つある。知り合いからか、レンタルか

借りる方法にも、知り合いから借りる、有料でのレンタル、とあります。

めいやおい、友人のこどもが持っているのなら、それを借りるというのが考えられます。

誰か持っているという情報があれば、これが一番安上がりなんだと思います。

一方、借りるでもお金を払って借りるという方法もあります。

こちらはスキー場で借りたり、いまだとDMMレンタルなど通販のような形で郵送でやり取りをするレンタルもあったりします。

借りることのメリット、デメリット

借りることのメリット・デメリットを考えたいと思います。

メリットは言わずもがな、買うより安いってことですね。

知り合いから借りるのならば基本的にはタダで借りられるかと(お土産くらいは渡したいですけどね)。

有料のレンタルでも3,000円から5,000円くらいで借りられます。

買うよりは安いはずです。

それと保管コストがかかりませんね。

クリーニングだったり、保管スペースの問題だったり。

一方のデメリットは、というと、いくつかあると思います。

汚さないように気を付けなければならないとか返却の期限を気にしなければいけないとかありますね。

あとは、実際にモノを見てから借りるわけではないので、デザインだったりウェアの質だったりは事前に確認できません。

有料であればそれほど心配はないかもしれませんけどね。

「買う」も大きく分けて2つある。新品か、中古か

買う方も新品を買うか、中古を買うか、2つに分かれます。

どちらもさらに実店舗で買うか、ネット通販で買うか、分けられます。

新品かつ実店舗ならスポーツ用品店、中古かつ実店舗ならばモードオフなどの古着を扱う店にあると思います。

新品かつネットならスポーツ用品店のオンライン通販とか、中古かつネットならばヤフオクとかメルカリとかですかね。

買うことのメリット、デメリット

買うことのメリット・デメリットを考えたいと思います。

買うことのメリットは自分が子どもに着せたいものを選べるってことが一番ですね。

実店舗で買うのならば実際に触って着せて、サイズが合うか、似合うかを確認して買えます。

ネットなら基本的にはありとあらゆるデザインから選べると思います。

メルカリやヤフオクではそうはいかないかもしれませんが、かなりの種類が出品されていました。

デメリットは金額だったり、保管コストだったり、借りることのメリットで上がっていたものになります。

ネットだと実際に触れないのでその辺はレンタルと一緒だったりしますね。

私の友人ではヤフオクでリーズナブルに購入した、というのが多かったですね。

ではうちではどうしたか

結論から言うと、新品を実店舗で購入しました。

せっかくスキー場まで行って遊ぶので、写真も思い出も気に入ったウェアで残したい、という妻の思いをかなえた格好です。

メルカリで買う、というのも考えたのですが、ヤフオクで購入した友人から「防水性が落ちていた」ということも聞いており、中古も考え物だな、という結論に至ったのです。

そして、意外とメルカリでの値段が安くないんです。

安いものもあるんですが見るからに安物そうだったり、一方しっかりしたものだと値段は高いままだったり。

それでいて売れてるんですよね。

高いままでも売れている???

そう、ここに私たちが躊躇せずに新品を購入することにした理由があります。

しっかりしたものならば、中古でも高く売れるということ。

うちも着たあと、売ればいいじゃないかという結論になったのです。

別の記事で書きましたが、うちでは妻がじゃんじゃか子ども服をメルカリで販売中。

なのでスキーウェアについても同じように運用したらいいじゃんね、ということです。

実店舗に買いに行ってみて

いろいろ下調べをして実際にスポーツ用品店に買いに行ってみました。

まずは横浜・みなとみらいにあるゼビオスポーツ。

行ってみて愕然としました。

スキー関連のグッズの取扱いがありませんでした。

売れないんですかね…?

続いて隣のマークイズにあるスポーツオーソリティに行ってみました。

こちらは若干ですが、取扱いがありました。

が、気に入ったものがない…。

取扱い量が思っていた以上に少ないんです。

事前にネットでリサーチしていて、目星をつけていたものを実際手に取ってみたいという思いでしたので、ちょっとがっかりでした。

気を取り直して二子玉川でも探してみる

後日、二子玉川に行く機会があったので、玉川高島屋にいってみました。

こちらの子ども服売り場やスポーツ用品売り場にもスキーウェアの取扱いはなし。

最後、ここを見てダメならネットで買おうと思って行ったのがRISE内にあるオッシュマンズ。

やっとここで発見できました。

そうして購入したのが以下です。

スキーウェア(上下)

スキーウェア

Columbia 9,936円

グローブ

グローブ

Burton 3,456円

ブーツ

ブーツ

The North Face 6,840円

そこそこかかりました(-_-;)

でも妻が大満足のようで、それだけでよかったと思います。

特に子どものときにしかつけられないようなアニマル柄のグローブがお気に入りのようです。

そしてまぁ、メルカリである程度回収できることを見込んでおりますので、実出費はそこまで高くないのではないかと思っています(願っています!)。

ただまぁ、これ以上の出費は防ごうということで、インナー類はユニクロで揃えました。

いつか、メルカリでの販売がどうなったかも報告したいと思います。

続いて準備編プラスアルファです。

 

イクメン的きょうのひとこと

「スキーウェアとっても似合ってるよ♪」