むすめの名言(迷言)集〇〇〇「ママにあわなくてもいい!」

「ママにあわなくてもいい!」

群馬の祖父母宅から帰りたくなくて、つい口から出てしまった言葉です(笑)

妻の入院に備えて父と娘の2人で寝る練習

妻が出産で入院しているとき、私と娘の2人で寝なきゃいけなくなります。

これまでに出張などで父不在の夜はありましたが、母不在の夜はありませんでした。

当然、妻が友人との会食で夜遅くなり、娘が寝る時間に娘と2人きりということはありました。

がそういうときは「朝にはママに会えるからね!」といって寝かしつけ。

入院中は3~5日くらいはママ不在の夜が続くので、この言葉を使って寝かせることはできません。

なので、2人きりで寝る練習をするために、群馬の私の実家へ行くことにしたのです。

祖父母宅から帰りたくない

もともとは春分の日に1泊で娘と2人、群馬の祖父母宅に行く予定でした。

が、娘がピースサインを出して「2かいとまりたい」と言い出すではないですか。

というわけで、急遽木曜の夜に出発し、木・金の夜を群馬で過ごし、土曜に東京に戻ることにしました。

じいじ、ばあばがいて、娘のいとこ(1歳)がいて、私の妹夫婦もいて。

とても楽しい時間を過ごしたのでしょう。

土曜の朝に「きょうママのところに帰ろうね」と声掛けすると、「かえりたくない!」と泣き出す始末。

「ママが寂しがっているから会いに帰ろうよ!」と諭すと、まさかの「ママにあわなくていい!」とまで(笑)

この言葉に祖父母はたいそう喜んでましたが(笑)

妻は想定内だったらしい

こんな風に「あわなくていい!」とまで言われてしまったママ。

これを伝え聞いたら悲しむかな、と思ったら、「思ったとおりだわ(笑)」との反応でした。

群馬の祖父母が大好きで、祖父母宅が大好きで、1歳のいとこが大好きなので、「ママよりそっちがいい」というのは予想できたとのこと。

さすがです!

でもパパは「パパにあわなくていい!」って言われたらショックだろうなぁ。

ちなみに2人で寝る練習ですが、ママ不在は何の影響もありませんでした(笑)