「Towers(タワーズ)」。ザ・リッツ・カールトン東京のレストランで優雅な朝食をいただいてきました!

東京・六本木にある東京ミッドタウン。

その45階にザ・リッツ・カールトン東京のレストラン「Towers(タワーズ)」はあります。

一流ホテルのレストランで優雅な朝食をいただいてきました。

「Towers(タワーズ)」の基本情報

「Towers(タワーズ)」とは

タワーズはザ・リッツ・カールトン東京内にあるレストランです。

東京ミッドタウンの45階。

大きな窓からは東京タワーが見えます。

宿泊をしていなくても、食事を取ることは可能です。

公式HPの予約では、朝食の記載がありませんが、朝食も食べることができます。

▲ あいにくの雨空。小さくスカイツリーも見られます。

「Towers(タワーズ)」の店舗情報

関連ランキング:ダイニングバー | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

「Towers(タワーズ)」の外観

今回はクルマで行ったため、ホテルの外観は見ていません。

クルマで地下駐車場に向かう段階で、なぜか高級感を感じ取ってしまいました。

駐車場から45階まで一気に上ります。

「Towers(タワーズ)」の内観

重厚さを感じたザ・リッツ・カールトン大阪とは打って変わって、明るい印象でした。

それでも、軽やかな高級感というのか、大阪のレトロ感にたいして、モダンな印象を受けました。

「Towers(タワーズ)」子連れに関して

まーったく問題なしです。

私たち以外にも子連れの客はいて、ゆっくり食事してました。

多少はうるさくなっても、きっとまわりの余裕あるおとなのひとたちは許容してくれると思います。

こども用のメニューもあります。

確認したところ、キッズメニューにも洋食と和食があるそうです。

3歳児ということもあって、娘に対してのメニューは出されませんでした。

取り分けで対応、ということですね!

なお、ロビーにですがキッズスペースもあります。

飽きたらこちらへ!

「Towers(タワーズ)」2020年3月に初訪問

今回の訪問は、紆余曲折がありました。

というのも、コロナの影響をもろにうけました。

ビュッフェの予約がコースに変わってしまったのです。

もともと、今回の訪問は、ザ・リッツ・カールトン大阪の朝食ビュッフェで食べたフレンチトーストをもう一度食べたいという妻のリクエストをかなえるものでした。

何度か予約センターから丁寧な電話をいただいて、コースでもフレンチトーストが食べられることがわかって、訪問となりました。

利用日と利用シーン

私と妻と娘の三人で朝食を。

3月14日、ホワイトデーってことで一流ホテルへ、ってとこです。

和食か洋食をチョイス。洋食を選択

まずは和食か洋食か選びます。

迷うことなく洋食をチョイスです。

洋食のメニューは以下のとおり。

  • ジュース
  • 自家製ベーカリーセレクション
  • フルーツ、ベリー、フロマージュ・ブラン、バーチャー・ミューズリー
  • シャルキュトリー、チーズ、サーモン、コンディメント
  • お好みのメインディッシュ
  • コーヒーor紅茶

ジュースはオレンジ、グレープフルーツ、林檎、トマト、人参、マンゴー、パインアップルから選びます。

メインディッシュを決める

メインディッシュはこんな感じ。

  • お好みの卵料理 (目玉焼き、ポーチ、ゆで玉子、オムレツ) 付け合わせにベーコン、ハム、ポークソーセージ、チキンソーセージ
  • タワーズオムレツ チェダーチーズ、ネギ
  • ポーチドエッグ ポテト、ローズマリー、チョリソー
  • クラシック エッグベネディクト
  • ポーチドエッグ クロワッサン、ベーコン、メイプルシロップ、黒こしょう
  • クロワッサン生地のワッフル
  • フレンチトースト
  • パンケーキ
  • ヘルシーサラダ

この中から選びます。

娘に取り分ける関係もあり、オムレツと付け合わせにポークソーセージをチョイス。

妻は当然にフレンチトーストを頼みます。

あれれ?振り返ってみると何か足りない…。

まずはジュースと自家製ベーカリー。

▲ 娘ちゃんは大好きなクロワッサンとオレンジジュース。

牛乳ももらってました。

ジュースと自家製ベーカリーは同伴のこどもに対してはサービスされます。

▲ 私はコーヒーとチョコチップマフィン。

▲ サラダとシャルキュトリー、チーズ、サーモン、コンディメント。

妊娠中の妻に生ハムがOKか確認してくれました。

▲ 念願のフレンチトースト!

外はカリッと焼かれて、中はしとっとふんわり。

画像右下のバニラ風味のクリームがおいしかったです。

▲ オムレツとソーセージ。

オムレツはネギが入っていたため娘は食さず。

ソーセージは喜んで食べてました。

それよりなによりクロワッサンがおいしかったみたいで、お替わりしてました。

画像左下の大根みたいなものはポテト。

以上で朝食終了。

おいしく、お腹いっぱい。

大満足でしたが、お気づきでしょうか。

メニューにある「フルーツ、ベリー、フロマージュ・ブラン、バーチャー・ミューズリー」が登場していないのを。

多分、出されていません(笑)

そもそも、この「フルーツ、ベリー、フロマージュ・ブラン、バーチャー・ミューズリー」がどんなものなのかわからないので、出ていないことがわからなかったのです。

メニューにないサラダが出てきていたので、品数はそろっていたのでその場ではわかりませんでしたが、明らかに違いますよね(笑)

「Towers(タワーズ)」初訪問まとめ

今回のお支払は11,484円。

娘に対して気持ちよく接客していただいたので、その点はやはり一流だな、と。

初めての訪問で学んだこと。

  • 高級ホテルもミスをする(笑)
  • 横文字のメニューはわからない
  • やっぱりビュッフェがいい

やはりコロナの影響なのか、外国人のお客さんはひとりも見かけませんでした。

これはこれで寂しいもんです。

妻の出産が済んで、コロナ禍が収束して、ビュッフェが復活したなら、そのときは再訪しようと思います。

いまなら一休.comでタワーズブレックファストが39%offの3,500円で予約できるみたいです。

それくらいお客がいないってことなんですね。

自粛の閉塞感に飽き飽きしてきた方はぜひ(笑)