ラグビー北半球最強決定戦「シックスネーションズ」第4節2試合の振り返りと最終節の展望

北半球最強を決める戦い「シックスネーションズ」の第4節2試合が行われました。

その第4節の振り返りと、3月14日に行われる最終節の1試合「ウェールズ-スコットランド」を展望します。

なお、日本時間15日に予定されていたイタリア-イングランド、フランス-アイルランドはコロナウイルスの影響で延期になっています。

シックスネーションズの第3節

繰り返しになりますが、シックスネーションズとは北半球最強を決める戦いです。

イングランド、ウェールズ、アイルランド、フランス、スコットランド、イタリアの6か国で戦います。

総当たりで5試合戦い、勝ち点で争います。

ここまで4節を消化し、3勝1敗のイングランドが首位。

今節敗れたフランスが得失点差で2位。

フランスに勝利したスコットランドが3位に浮上。

試合のなかったアイルランドが4位に後退。

ここまでの4チームに優勝の可能性が残っています。

この大会はWOWOWの独占中継です。

スコットランド 28-17 フランス

今大会3連勝中のフランス相手にスコットランドがどう戦うかに注目していました。

結果としては、スコットランドがフランスの連勝をストップ。

フランスの10年ぶりのグランドスラムはなくなりました。

フランスはツイてなかった部分と、悪い癖の両方が出てしまい、負けてしまった印象です。

試合開始早々、若き司令塔SOヌタマックを負傷で欠く事態になります。

キック処理でノックオンしたところにタックルに入られて負傷交代。

序盤にヌタマックを欠いたのはツイてなかったです。

そしてこの交代の前にはFLのクロスにイエローカードで出ており、最初から流れは悪かったです。

この時点から規律が乱れていたのは確かですね。

極めつけは36分。

乱闘騒ぎの中、PRモアメド・アウアスが相手選手にグーパンチを見舞ったとして一発退場です。

そういえば、W杯で敗退することになった試合でもモールの中で相手に肘打ちして退場してましたね。

ヌタマックの負傷交代という不運とレッドカードという規律の乱れ。

これによってスコットランドに付け入る隙を与えてしまったというわけです。

イングランドとの試合のような出来もあれば、この試合のようなこともある。

このムラがフランスですね(笑)

一方のスコットランドですが、アイルランド、イングランドに連敗したときは、W杯プール敗退のショックを引きずっているのかと思いました。

ですが、しっかり立て直してきましたね。

この勝利でスコットランドは優勝の可能性が出てきました。

イングランド 33-30 ウェールズ

イングランドは強かったです。

フランスに敗れてから3連勝。

エディ・ジョーンズHCがきっちり仕切り直してきたのでしょう。

この試合、実は実況と解説がかみ合っていないのが不快で(実況が良くなかった印象)、イングランドの勝利が見えた時点で見るのやめてました。

CTBツイランギがトライを取って33-16となった時点ですね。

そしたら、その後イエローカードとレッドカードでイングランドが13人になり、2トライを許すという展開。

あやうく大逆転負けというところだったみたいです。

ウェールズは後半開始早々にFLティプリックのトライで20-16まで迫ったんです。

ここから逆にPG2本決められ点差を広げられてしまった。

4点差のときにもう少し反則に気を付けられていたら、という試合でした。

イングランドはこの勝利で首位浮上。

ウェールズの2連覇は潰えました。

シックスネーションズの最終節

今週末開催のシックスネーションズの最終節は以下のとおり。

3/14 23:15 ウェールズ-スコットランド
3/15 01:45 イタリア-イングランド→延期
3/15 05:00 フランス-アイルランド→延期

イタリア-イングランド、フランス-アイルランドはコロナウイルスの影響で延期です。

必然的に注目はウェールズ-スコットランドですね。

現在勝ち点10のスコットランドが優勝するためには、4トライ以上を取ったうえでの勝利で、勝ち点5を積み上げる必要があります。

そうすると優勝の可能性が残ります。

そこに注目したいです。

まとめ。スコットランド優勝の条件は?

ちなみに、スコットランドが優勝するための条件を確認しておきます。

延期になっている試合が開催されるとしたら、スコットランドの優勝は限りなく低いでしょうね。

というのも、イタリア-イングランドはイングランドの勝利が濃厚だから。

イングランドは勝ち点が17か18まで積みあがりますので、勝ち点15のスコットランドを上回ります。

なので、スコットランドが優勝する条件は、優勝の可能性があるイングランド、フランス、アイルランドが勝利しないこと。

すなわち延期になった試合が開催できずに引き分け扱いになること!

いやぁ、不謹慎な想定ですね(笑)

まぁ、そんな風にでもして楽しんでなきゃやってられないので!

とにかく、4トライ以上取ってスコットランドが勝てるか、どう4トライを取りに行くのか楽しみたいと思います。