日本語のお話。新型コロナウイルスは「終息」か、「収束」か。

昨今、世界中をにぎわせている新型コロナウイルスです。

みなさん、早く“しゅうそく”することを願っているかと思いますが、このときの“しゅうそく”はどんな漢字を書きますか。

終息?収束?

“しゅうそく”の漢字について、終息を使うひともいれば、収束を使うメディアもあります。

ではどちらが正しいのか。

簡単に言うと、終息は「完全に終わること」を意味し、収束は「事態が落ち着くこと」を意味します。

ですので、「新型コロナウイルスが早く“しゅうそく”してほしい」という使い方であれば、どちらも正しいです。

終息を使っていれば、「新型コロナウイルスの問題が早く完全に終わってほしい」となります。

収束ならば、「新型コロナウイルスの問題が早く落ち着いてほしい」となります。

終息、収束、どちらを望む?

私は意識して「収束」を使っています。

最終的には「終息」してほしいですが、まず何よりこの混乱した状況が落ち着いてほしい。

そう願って「収束」を使っています。

余談。書くことは大事

ちなみに私がお勉強させていただいたサイトは「NHK放送文化研究所」。

詳しくはこちらを見てくださいね。

この漢字問題ですが、文章を読む、聞くだけだったら気にならなかったかもしれません。

文章を書くからこそ気になったこと。

論旨がずれますが、読み書きは大事と言います。

その大事な書く機会がホント減ってますね。

こうやって情報を発信するようになったことで、書く機会を維持できていることをとてもうれしく思っています。

 

 

Photo by Pisit Heng on Unsplash