ラグビー北半球最強決定戦「シックスネーションズ」第3節の振り返りと第4節の展望

北半球最強を決める戦い「シックスネーションズ」の第3節が行われました。

その第3節の振り返りと、3月8~9日に行われる第3節を展望します。

なお、日本時間7日23時15分から予定されていたアイルランド-イタリアはコロナウイルスの影響で延期になっています。

シックスネーションズの第3節

繰り返しになりますが、シックスネーションズとは北半球最強を決める戦いです。

イングランド、ウェールズ、アイルランド、フランス、スコットランド、イタリアの6か国で戦います。

総当たりで5試合戦い、勝ち点で争います。

ここまで3節を消化し、3連勝したフランスが1位。

アイルランドがイングランドに敗れ3位転落。

勝ったイングランドが2位に浮上しています。

この大会はWOWOWの独占中継です。

ウェールズ 23-27 フランス

今大会2連勝中だったフランスをウェールズが止められるかに注目していました。

結果としては、4点差でフランスが勝利。

3連勝としています。

点差以上にフランスは強かったです。

一方で、ウェールズに勝つチャンスがなかったかと言えば、そうでもなかったのがこの試合。

2回チャンスがあったと思っています。

9-17の8点ビハインドで迎えた前半終了間際、フランスにイエローカードが出されました。

前半のうちに16-17とできる機会、このチャンスに得点できず。

また、16-27の11点ビハインドの68分にもフランスはイエローカードで14人になりました。

が、直後のチャンスをウェールズはミスで生かせず、自滅の印象。

W杯でフランスのレッドカードに乗じて、20-19で勝利した準々決勝の再来かと期待しましたが、残念でした。

フランスは強いです。

強いですが、規律の面で問題があるなーと思います。

若いチームだから血気盛んってことですかね。

この勝利でフランスのグランドスラム(全勝優勝)が見えてきたかな、なんて思います。

イングランド 24-12 アイルランド

イングランドの復調を印象付ける試合でした。

フランスに敗れ、スコットランドには勝利したものの嵐の中で試合で参考外。

そのイングランドがアイルランドに対し、強さを見せつけました。

すべての面でアイルランドを上回っている印象でしたね!

アイルランドはこの敗戦でイングランドに順位で上回られてしまいました。

イタリア 0-17 スコットランド

いまイタリアがシックスネーションズで勝てるとすれば、スコットランドかな、と思っていました。

が、そのスコットランドにも完封負け。

スコットランドはようやく1勝ですね。

シックスネーションズの第4節

今週末開催のシックスネーションズの第3節は以下のとおり。

3/7土 23:15 アイルランド – イタリア→延期
3/8日 01:45 イングランド – ウェールズ
3/9月 00:00 スコットランド – フランス

アイルランド-イタリアはコロナウイルスの影響で延期です。

注目はスコットランド-フランスですね。

グランドスラムを目指すフランスはスコットランドとの試合です。

これまで3連勝中ですが、今大会スコットランドとの試合はアウェイになります。

スコットランドで開催された試合では2016年、2018年と2連敗中。

これがどう響くのか。

楽しみです。

まとめ。トップリーグ中止でシックスネーションズに集中

トップリーグが先週から中止していますので、今週末からはシックスネーションズに集中できます(笑)

かくいうシックスネーションズもイタリアでの開催については4節、5節ともに延期が決定。

イタリアを中心にヨーロッパにもコロナが蔓延してきています。

全試合開催できるのか、そのあたりも心配にはなってきます。

まぁ、あまり心配しても仕方ないので、開催された試合を有難く視聴するまでですね!