むすめの名言(迷言)集040「あかちゃんうまれてきたら、わたしがめんどうみるね」

妻が夕食をつくっているときのこと。

娘が「あかちゃんうまれてきたら、わたしがめんどうみるね」。

ここまではいままでにもあった会話です。

「そしたらままごはんつくれるでしょ」

今回はそのあとに続きがありました。

「そしたらままごはんつくれるでしょ!」

これまでは自分がお世話したいから言っていた「わたしがめんどうみるね」から、家族の負担を考えての「わたしがめんどうみるね」に進化。

自分の行動が、相手の行動にどう影響するか、といったことを考えて会話ができるようになっています。

相手の立場を想像することができるようになったということ。

これは大きな進化じゃないでしょうか。