いまJ2への昇格をかけた争いが熱い!ザスパクサツ群馬は昇格できるか。白熱のJ3ラスト3節を展望する!

ラグビーのワールドカップに熱中した9月から11月初旬でしたが、そのラグビーの次に観戦するのが好きなスポーツはサッカーです。

J1も残り3節となり優勝争いが激化しています。

ひいきにしている川崎は可能性は残すものの、優勝は奇跡のような状況。

なので、いまは別のものに注目しています。

J2昇格争いです!

J2昇格争いとは

J2昇格争いとは、その名のとおりJ2に昇格するチームを決める争いです。

J2に昇格できるのはJ3で上位2チームに入ったチームです。

この2チームがJ2の下位2チームと入れ替わって、来季をJ2で戦うことになるのです。

そのJ3の上位争いに注目しているわけです。

J3もJ1と同様に残り3節。

6チームが昇格の可能性を残しています。

注目する理由はザスパクサツ群馬

6チームは上位から、ギラヴァンツ北九州(勝ち点62)、藤枝MYFC(同57)、ザスパクサツ群馬(同54)、ロアッソ熊本(同54)、カターレ富山(同49)、ガイナーレ鳥取(同49)です。

富山と鳥取の可能性は限りなくゼロに近いと思います(もしかすると可能性はないのかもしれません…)。

この上位4チームの中に、我がふるさと群馬のクラブ“ザスパクサツ群馬”が含まれているのです!

これは注目しないわけにはいかない!

J3にいる理由

ザスパはもともと2005年からJ2にいて最高位9位のチームだったんです。

それが17年に22位となり、J3に降格。

18年はJ3で5位と昇格争いに加われず。

それが今年は25節まで首位を走っていたのです。

18節から7連勝を記録(15節から負けなしの8勝4分)。

7連勝を現在2位の藤枝に止められて以降、やや失速し現在3位です。

J2昇格争いの現状

J2昇格争いの現状を紹介します。

というか、ザスパが昇格するために必要な条件がわかる内容になると思います。

まずは今後の対戦相手を上位4チームで見ていこうと思います。

今後の日程

ザスパ

32節 11月23日 vs G大阪22(A)12

33節 12月1日 vs 岩手(H)18

34節 12月8日 vs 福島(A)10

北九州

32節 11月24日 vs 讃岐(H)13

33節 12月1日 vs 鳥取(H)6

34節 12月8日 vs 藤枝(A)2

藤枝

32節 11月23日 vs 秋田(H)8

33節 12月1日 vs YS横浜(A)17

34節 12月8日 vs 北九州(H)1

熊本

32節 11月24日 vs 相模原(A)14

33節 12月1日 vs 福島(H)10

34節 12月8日 vs 長野(A)11

展望

優勝争いという意味では北九州が2位藤枝との間で勝ち点差が5ありますので、1勝1分1敗で北九州は優勝できます。

J2を戦うためのJ2ライセンスを藤枝は持っていません。

ですので、J2昇格圏内にいたとしても昇格はできません。

となると藤枝のモチベーションはJ3優勝しかないのです。

最終戦は北九州と藤枝のマッチアップ。

北九州としては最終戦を前に優勝を決めてしまいたいところですね!

なお、ザスパと熊本はアウェーが2試合、北九州と藤枝はホームが2試合で北九州と藤枝が有利です。

得失点差は北九州が21、藤枝が12、ザスパが22、熊本が7です。

対戦相手に恵まれたのはザスパと熊本。

ザスパは12位のG大阪、18位の岩手、10位の福島。

熊本は14位の相模原、10位の福島、11位の長野です。

一方、北九州と藤枝はというと、1位の北九州は13位の讃岐、6位の鳥取、最終節が2位の藤枝と直接対決。

2位藤枝は8位秋田、17位YS横浜、そして1位の北九州です。

ザスパが昇格するためには

ザスパ3連勝、勝ち点9積み増し

一番望ましいパターンですが、ザスパが最終の3節すべてに勝利した場合、勝ち点は63まで伸びます。

では2位になるには…。

藤枝を抜いてザスパ2位となるには、藤枝が1敗することで得失点差で抜くことができそうです。

一方、北九州を抜いてザスパが2位となるには、北九州が2敗1分以下ならば得失点差で抜くことができるくらいです。

藤枝を抜いて2位が現実的なところでしょうか。

北九州が2敗1分以下、藤枝が2勝1敗以下ならばJ3優勝が可能です!

可能性は限りなく低いですね(笑)

いいんです、優勝できなくても!昇格できれば!

ちなみこのパターンの場合、熊本の成績は関係ありません(得失点差で上回られることは考えにくいので)。

ザスパ2勝1分、勝ち点7積み増し

ザスパが2勝1分で終わった場合、勝ち点は61まで伸びます。

この時点で現在勝ち点62の北九州は抜くことができません。

藤枝を抜くしかありません。

藤枝の成績がどうであれば抜けるかと言えば、1勝1分1敗以下ですね。

これならば最大でも勝ち点61で、ザスパは並ぶことができ、得失点差の優位を生かせます。

ただし、熊本が3連勝した場合には抜かれますので、熊本は2勝1分以下である必要があります。

ザスパ2勝1敗、勝ち点6積み増し

ザスパが2勝1敗で終わった場合、勝ち点は60まで伸びます。

藤枝の成績は、1勝2敗か3分け、もしくはそれ以下ですね。

こうなってくると最終節に北九州戦があるとは言え、ザスパはかなり苦しい状況でしょう。

仮に藤枝を抜けても、熊本が3連勝または2勝1分けした場合には抜かれます。

ザスパ1勝1分1敗、勝ち点4積み増し

ザスパが1勝1分1敗の場合、勝ち点は58までしか伸びません。

藤枝は1敗2分けでも2位になることができます。

逆に言えば、この場合藤枝に1分け2敗、もしくは3連敗してもらうしかザスパに昇格の目はありません。

当然、熊本が3連勝または2勝1分け、2勝1敗で終わった場合には抜かれます。

ザスパ1勝2敗、勝ち点3積み増し

ザスパが1勝2敗の場合、勝ち点は57までしか伸びません。

この状況で昇格するには藤枝の3連敗を望むしかありません。

そんなチームならJ2に昇格する価値ありませんね…。

きっと熊本にも抜かれて、4位転落でしょう。

まとめ

こうやって分析してみてみると、面白いですよね。

これがひいきのチームを持つ面白さだと思っています。

なかなか群馬・前橋まで試合を観に行くこともできませんし、近くで試合ってのも相模原か調布か横浜になってしまうので観戦とはなりにくいのですが、DAZNで応援しています。

日本代表の応援も大事ですが、こうやって好きなチームを持つと楽しいですよ。

これから3週間、私は地味にJ3を注視していきたいと思います。

私といっしょにJ3にまで目を光らせてくれるひとがいたらとてもうれしいです!

まずは今週末の試合、楽しみたいです!

Photo by Tevarak Phanduang on Unsplash