夏が待ち遠しくなった!ベランダでひまわり① ~種まき編~

春のチューリップシリーズに引き続いての、夏のお花が決定しました。

ミニひまわり「小夏」です。(2019年5月11日)

夏のプロジェクトはひまわりに

近所に大きなひまわり畑があります。

「こうちゃんちの野菜 in 世田谷」(2019年から休止しちゃうみたいです…。)というところなのですが、満開のひまわりが見られます。

娘が生まれて2017年、2018年とお邪魔させていただいていて、娘にとってもひまわりの花がなじみ深い花になっているはずです。

なので、ひまわりを育てようということです。

ベランダでミニひまわり

実は、昨年もひまわり、育てています。

別の記事でも紹介していますが、オーナーのご厚意で、マンションの庭に1畳ほどの家庭菜園スペースを無料で貸してくれています。

その菜園でひまわりを育てていたのですが、立派な庭なので蚊が多いんです。

私が刺される分にはいいんですが、娘が刺されるのは親にとっても面倒が多いので、足が遠のきがちだったんです。

ちゃんと花は咲いたのですが、娘に世話をさせるというところまではできず。

というわけで、ミニひまわりという品種がありましたので、これをベランダで育てることにしました。

ミニひまわり「小夏」

このミニひまわりですが、「小夏」と名づけられています。

なんか、かわいいですよね。

背丈は25センチくらい。

花粉が出ず花もちがよく、長い間楽しめるのが特徴みたいです。

F1種という一代限りの種だからなのか、ちょっと異様な青い種です。

娘といっしょに植える

事前に土づくりは済ませていましたので、プランターに直播きします。

種は全部で11粒ありましたので、等間隔になるように4-3-4の配列で撒きました。

私が指で種まきようの穴をあけ、そこに娘がひと粒ひと粒入れていきます。

1センチくらいの穴に種を入れるだけなんですけど、2歳児にはそれもまだまだ難しい。

なんかそんなことを知るのも新鮮でしたね。

種の袋によれば、開花は約60日後。

順調にいけば2か月で花が咲くってことですね!

うーん、待ち遠しい♪

イクメン的きょうのひとこと

「これからはひまわりだよー」