いなせや桜新町店2度目の訪問レポート 食べてみたかった海鮮炙り飯はやっぱりうまかった

いなせや桜新町店、2度目の訪問してきました。

当日予約でフラれること数回、やっと2度目の訪問と相成りました。

若干のほろ酔いで入店

今回の訪問は5月18日。

この日は住んでいる賃貸マンションのオーナーとの懇親会が昼間に設定されており、ほろ酔いでいなせやの訪問となりました。

賃貸マンションのオーナーとの懇親会って珍しいですよね。

この辺は追ってブログにしたためたいと思います。

ビール2杯と日本酒1杯

そんなわけで、昼間っから飲んでいたこともあり、妻はビールからスタート、私は早速日本酒を頼むことに。

なのに、なぜかビールが2杯と日本酒が運ばれてくることに。

うーん、どうして??

お酒が3杯ということに違和感を覚えなかったんですかね、店員さん。

まぁ、私は無類のビール&日本酒党なので文句なく飲みますが(笑)

おいしかった玉ねぎ焼き

いなせやは、沼津産の新鮮魚介類がおすすめなお店ですが、炭火焼き、いわゆる炉端焼きもおすすめなお店です。

この日頼んだ中で秀逸だったのは、玉ねぎの丸焼き。

玉ねぎを丸焼きしただけのシンプルな料理なのですが、あまーくとろーりとした玉ねぎは絶品です。

こんな風に焼き上げるのは家では至難の業だと思います。

前回頼みたかった海鮮炙り飯にチャレンジ

前回、初めての訪問時にメニューを見て頼みたくなっていたものの、同行者のおなかの具合であきらめた海鮮炙り飯。

今回はいっちばん最初に注文しちゃいました。

〆のメニューだろうにね。

こちら、半生であぶった魚がたーっぷりのせられたどんぶり飯。

あぶられたことによる香ばしさが食欲をそそります。

タレも魚と米の架け橋となる絶妙な味で、おはしがとても進みます。

人気になる理由がわかる一品でした。

ツブ貝刺し、ポテサラ、たこの吸盤あげ

そのほかおつまみとして頼んだのがツブ貝刺し、ポテサラ、たこの吸盤あげ。

どれもおいしかったです。

ツブ貝はいくらでも日本酒が飲めちゃう危険なやつでした。

娘ちゃんの主食には卵かけバターごはん。

無言で食べていたので一口もらってみましたが、バターのこくが卵かけご飯とマッチするんですね!

日本酒は合計で3杯

ビールを1杯余計に提供されてしまったこともありますが、日本酒は3杯でオーダーストップ。

1杯目は王禄 渓。

すっきりした味わいながら、十分にコメの旨みを感じられる日本酒でした。

2杯目は羽根屋。

純米大吟醸 翼と銘打たれた日本酒で、香り高いいま流行りの味でした。

3杯目は綿屋。

味は覚えていません(笑)

お酒がすすんだ段階でもするすると飲めちゃう危険なお酒でした。

まとめ 次はしらふスタートで

前回は、義母が体調不良、妻が昼飲み後ということもあり不完全燃焼。

今回は夫婦ともに昼飲み後で不完全燃焼。

まだまだ事前に予約しないと入りにくい人気店ですので、次回は万全の状態で行きたいと思います!

次回は日本酒の味をちゃんと覚えていられるようにします(笑)