「SMOKE HOUSE」ハンバーガーとクラフトビールがうまい店。渋谷と原宿の間でアメリカを堪能する

先日、大好きなレストラン「SMOKE HOUSE」に行ってきました。

クラフトビールと本格BBQが楽しめるお店です。

「SMOKE HOUSE」の基本情報

「SMOKE HOUSE」とは

>東京初の本格BBQを堪能できる空間

東京初の本格BBQを堪能できる空間として作られた「SMOKE HOUSE」。

メニューを広げてわかるのですが、肉、肉、肉といった感じです。

お店で販売されているTシャツも牛肉、豚肉、鶏肉がモチーフにされているほど。

トイレのサインも牛(笑)

本格的に焼かれたハンバーグで出されるハンバーガーが私の大好物なんです。

ファストフードではないハンバーガーはここ10年近くでいろいろと出てきましたが、SMOKE HOUSEのものが一番好きかもしれません。

かじると肉汁がこぼれるように出てきます。

クラフトビールのT.Y.Harbor系列

運営元は天王洲アイルで自ら醸造したクラフトビールを出す「T.Y.Harbor」というブルワリーレストランを経営する「TYSONS&COMPANY」です。

T.Y.Harborで出されるクラフトビールが飲めるお店です。

ビールも大好きな私はT.Y.Harborの大ファン。

IPAを初めて飲んだのがT.Y.Harborで、IPA好きの基礎となったお店です。

私のおいしいIPAの基準はT.Y.HarborのIPAになります。

天王洲アイルということでなかなか訪れることができない中、このSMOKE HOUSEは渋谷から徒歩で行ける貴重なお店。

T.Y.HarborのIPAが飲みたい!となったときに必ず行くのがこちらです。

「SMOKE HOUSE」の店舗情報

関連ランキング:ハンバーガー | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

「SMOKE HOUSE」お店の外観

渋谷と原宿の間くらい、買い物客でにぎわうキャットストリートにお店はあります。

お店は2階にあるのですが、階段を上るごとにアメリカンな香りが増していきます。

「SMOKE HOUSE」お店の内観

店内のテレビではスポーツ中継が流れ、さながらアメリカのバーのようです。

訪れる客は外国人の方も多く、渋谷と原宿の間でアメリカにいるような錯覚におちいります。

「SMOKE HOUSE」子連れに関して

子連れ対応はばっちりです。

このテーブルマットがわりのシートがメニューになっており、迷路がついています。

マット、メニュー、遊び道具の3役をこなす優れもの(笑)

テーブルを汚すことを心配する必要がないのもうれしいです。

そしてキッズメニューも本格的です。

簡単に書くと、ケサディア(メキシカンなホットサンド)、ベイクドマカロニ(グラタンみたいなフィリピン料理)とホットドッグです。

いずれも900円でした。

ちなみに、迷路は意外と難しかったです。

「SMOKE HOUSE」2019年5月の訪問。ブログを始めてからは初

このお店は2014年11月に訪れて以来のファンです。

ブログを始めた2018年9月以降では今回の2019年5月が久々の訪問でした。

やっぱりビールとハンバーガーがうまい!

「ケンタッキーバーボンバーガー」と「アルゼンチンタンゴバーガー」

この日メニューには4つのハンバーガーが並んでいました。

定番の「スモークハウスチーズバーガー」、「スモークハウスダブルチーズバーガー」のふたつ。

どれくらいの頻度で変わっているのか承知していませんが、定番外がふたつ。

私たち夫婦は食べたことがない定番外の「ケンタッキーバーボンバーガー」と「アルゼンチンタンゴバーガー」を頼みました。

▲ こちらはケンタッキーバーボンバーガー。

バーボンウイスキーの入ったBBQソースが使われたハンバーガーです。

BBQソース特有のコク深い甘さにバーボンのスパイシーでスモーキーな香りがプラスされています。

さらにスモークベーコンを挟んでおり、スモーキーさが強いハンバーガーでした。

バーベキュー感たっぷりの逸品でした。

▲ こちらはアルゼンチンタンゴバーガー。

チミチュリというアルゼンチン発祥のソースを使ったハンバーガー。

オリーブオイルと白ワインビネガーの中に刻んだパセリとニンニクなど加えたソースらしいです。

それにジャックチーズというクセのないさっぱりとしたチーズが挟まれています。

ひと口もらいましたが、いままでに食べたことのない味で、やみつきになりそうでした。

ハンバーガーのつけあわせはフレンチフライかポテトサラダ。

今回はひとつずつ選んでシェアしました!

娘はホットドッグ

こどものための食事も本格的です。

3つあったキッズメニューから娘は好物のホットドッグを注文しました。

このホットドッグが本格的で、かなりしっかりとしたウインナー。

ふんわりと焼き上げられたパンはとても柔らかく、ホットドッグとして一級品だったと思います。

かなりおいしそうに娘は食べてました。

やっぱりT.Y.Harborのビールがうまい

昼間っから妻と2杯ずつビールを飲んじゃいました。

1杯目はそれぞれ私はT.Y.Harborのビールから。

私は大好きなIPAを、妻はアンバーエールを。

▲ IPA。

IPAはホップの苦味ががつんと感じられ、フルーティな香りが堪能できます。

それでいて、すっきりとした後味。

モルト感はそこまで強くない印象です。

ホップの苦味、フルーティさ、モルト感が私の中で抜群にバランスがいいんです。

最初にして最高のIPAに出会ってしまった、という感覚ですね。

▲ アンバーエール。

ひとくちもらったアンバーエールも当然にウマイです。

ゲストビアのIPAを飲み比べる

メニューの下部にあるふたつのIPAを追加で注文!

ゲストビアってことで、他のブリュワリーの生ビールが飲めるので、それを飲み比べししました。

北海道登別市の鬼伝説ビール「ヴィアノヴァ IPA 」と米国ワシントン州のサウンドブリューイング「ブリュットIPA」。

▲ ヴィアノヴァ IPA。

フルーティなIPAでした。

▲ ブリュットIPA。

後者はドライなIPA。

どちらも感想があっさりしていることからも想像できるかもしれませんが、T.Y.HarborのIPAの方が好きだったんです(笑)

これならもう一杯T.Y.Harborのにすりゃよかった、とか思っちゃってました。

2019年5月の訪問まとめ

久々に行きましたが相変わらずおいしい!

そして店員さんの外国人割合が増えてる!(笑)

海外の方がおおく来ていることに対応したんだと思います。

店員と顔なじみって感じだったので、観光客というよりは駐在のひとが多そうな印象でした。

これから夏に向けてビールのおいしい季節。

何度も通っちゃうかもなぁ。