川崎フロンターレ-セレッソ大阪 今季初の生観戦

今シーズン、初めて川崎フロンターレの試合を生で観戦しに行ってきました。

勝てなかったですけど、やっぱり生での観戦はいいですね!

生観戦の良さは一体感にあり

わざわざスタジアムに足を運ぶ理由、それは一体感にあります。

いま私はDAZNを契約しているので、どこでもフロンターレの試合を見ることができます。

それでもスタジアムに行きたいと思うのは、ファンの圧倒的な一体感が感じられるからですね。

フロンターレへの思いが上昇気流のように立ち上っていくのがわかります。

逆に点を取られたときや、負けたときに下降気流も半端ないですが(笑)

ある種の「気」のようなものですかね。

なので、相手チームに対する熱量であふれるアウェイでの試合には行きません。

エネルギーを発散して、吸収して帰ってくる、そんな感じで試合を見に行っています。

この日の試合は?

この日の相手はセレッソ大阪。

昨年のJリーグ優勝を決めたときに相手です。

負けたんですけど(笑)

その前も負け、昨年のゼロックススーパー杯でも負け、ぜーんぜん勝てていない相手だったんです。

その相手に先制されたのち、知念のゴールで追いついてのドロー。

まずまずの結果だったと思います。

大島不在の影響

観ていた感想としては背番号10の大島がケガでいないことが大きいな、ということです。

大島って日本代表にも選ばれた選手ですごーくサッカーが上手な選手。

上手というのは基本的なサッカースキルが高いという意味です。

ボールを止める・蹴るの正確さがずば抜けていて、視野が広いんです。

なので、その大島がいないことによって、中村憲剛がとても窮屈そうに見えるんです。

大島ならば気にしないでいいことを、守田や田中だと気にしなくちゃいけないんですよね。

そうすると自分のプレーがおろそかになるので、必然的にミスが多くなります。

そんな悪循環に見えました。

スマホとかでもそうですけど、一度その存在に慣れてしまうと、それがなくなったときに急に不便になりますよね。

中村憲剛がそれを感じているのでは?という印象を抱きました。

ケガはいずれ回復する

そんなわけで、現状フロンターレは1勝4分1敗と波に乗り切れずにいます。

それが大島がいないっていうが原因ならば、心配はないかと。

ケガはいずれ治ります。

重傷という報道もないですし、近いうちに戻ってくるでしょう。

それより久々の応援で、ゴールシーンで盛り上がり、気分は昂揚気味です。

次こそは勝ち試合を見せてもらいたいです。