スマホホルダーをアップデート ~Humixx Easy Clip Car Mountを導入してみた~

うちのクルマには運転しているときにスマホを見られるようにするホルダーを付けています。

最近これをアップデートしました。

なぜ新しいものに変えたのか

もともとつけていたスマホホルダーなんですが、ホルダーに上からスマホを差し込むタイプでした。

旧ホルダー1

そのためつけ外しが面倒くさい。

そしてホルダー自体が大きいため、画面がかなり近くにきてしまい、運転する私に対しての圧迫感がありました。

旧ホルダー2

なので小ぶりのものがないか探していたのです。

マグネットタイプのホルダー

そうやって探していた中、雑誌で紹介されていた「Humixx Easy Clip Car Mount」を発見しました。

Humixx

マグネットタイプのものです。

イメージしやすいようにいうと、N極のホルダーをエアコンの送風口に設置し、S極のマグネットシールをスマホに貼って、そのN極とS極がくっつく力でクルマにスマホを固定する、というものです。

これまでマグネットの力だと落下するのではないか、スマホにマグネットを張り付けるのは無粋ではないか、と敬遠していたのです。

ですが、このホルダーのマグネットの力はかなり強力でクルマの揺れぐらいではびくともしないらしいです。

さらに強力なマグネットということで、スマホのケースの内側、すなわちスマホに直接貼ってその上にスマホケースを付けても、問題なくホルダーとしての威力を発揮するとのこと。

私の懸念事項はすべてクリアしたので、導入することにしました。

かなり快適、ストレスフリー

取り付けもエアコンの送風口に差し込むだけ。

スマホのつけ外しも簡単です。

マグネットどうしを合わせるだけですし、強力といってもひねれば簡単に外れます。

一方で運転の揺れくらいでは外れる気配はありません。

秀逸な商品を手にした気がします。

なぜスマホを運転中に見たかったか

このホルダーで固定したスマホは何に使うのか。

ずばりGoogle Mapです。

Google Mapのナビ機能がかなり優秀なのです。

リアルタイムでの渋滞情報をGoogle Mapを使っているユーザーの運転速度から割り出して表示してくれます。

そしてその渋滞情報から最速で目的地へつけるルートへと導いてくれます。

これは立花B塾の卒業生でタクシードライバーをやっているブロガーも、通常のカーナビよりも優秀だと言っておられたので、使わない手はないと思ったのです。

カーナビもVICSという機能で渋滞情報は入手していますが、即時情報ではありません。

道路自体の新設の情報や、地図上に表示されるお店の更新もGoogle Mapならば無料でアップデートしてくれますが、カーナビは地図ソフトを高い金出して更新しなければなりません。

カーナビのほうが優れている点もあるが…

ナビゲーションすることに特化して作られたものがカーナビですので、曲がり角の表示をズームして表示してくれたり、車線情報を出してくれたりと、こういった面ではGoogle Mapよりも優れています。

またGoogle Mapは頭が良すぎるのか、車では通れないような道までルート検索したさいに計算に含めてくれてしまいますので、まれに「こんなとこ案内するなよ!」と思うほど細い道へ誘導されることもあります。

それでも、Google Mapに従って運転したほうが、目的地にスムーズに着くことができるような気がします。

いまでは音楽もスマホ経由でamazon prime musicで聞いてますので、運転中にスマホは欠かせない存在になっちゃいました。

もし古いカーナビで運転されている方がいらっしゃったら、この〇〇でスマホを固定して、Google Mapに頼ってみてはいかがでしょうか。

渋滞のストレスから多少なりとも解放されると思いますよ!