とりあえず日本酒で!みやさか 愛山 原酒

真澄のブランドで有名な酒蔵・宮坂醸造。

その蔵が自身の蔵の名前を付けて挑んでいるお酒がこの「みやさか」です。

真澄・諏訪蔵で発見された7号酵母

真澄で名を成す宮坂醸造が、2016年に新たに立ち上げたブランドが「みやさか」なのだそうです。

酒造りの必要な酵母ですが、そのラインナップの中には、真澄・諏訪蔵から1946年に発見された協会7号酵母というものがあります。

その発見70周年を記念してブランドを立ち上げたそうです。

協会7号酵母は優良清酒酵母として現在も多くの酒蔵で活躍しています。2016年、発見70周年を期して、もう一度私たちのルーツに立ち還ろうと挑んだのが新生「MIYASAKA」シリーズです。クラシックとモダンの融合をお楽しみください。

とホームページには記載されています。

みやさからべる

愛山を使ったお酒ということで購入

蔵のそんな思いもつゆ知らず(笑)、ただただ、真澄の蔵が愛山を使って造っている!ということだけで買いました。

すみません(笑)

ただ、そんな逸話も、あとで知っても楽しめるというのがいいですね♪

みやさかラベル横

クラシックとモダンの融合

ホームページでの紹介でもありましたが、「クラシックとモダンの融合」を意識して造ったお酒。

ごめんなさい、この「みやさか」の定番商品であるところの美山錦のものを飲んでいない中での、愛山だけ飲んだだけのお話と思って聞いてください。

造りはクラシックでも、味はモダンという感じです。

最近流行りの甘み、旨みのお酒でした。

大好きなからあげとともにいただきました。

からあげのジューシーさとともすごく合いました。

定番商品の美山錦、王道の山田錦の「みやさか」も飲んでみたくなっちゃいました!

みやさか正面

みやさか 愛山 原酒
宮坂醸造(長野県諏訪市)
容量: 720ml
価格: 1,998円(税込)

買ったお店
SAKE MIZUHASHI
東京都港区六本木3-3-4
TEL:03-5545-5910