1年育休を取った2児のパパの日常~25日目(5月20日)~ 2日続けて夜中の苦悩

2時にふたばがお決まりのうなり声「ん゛」を発します。

何か苦しいときに発する(何でもないときにも発する)ので、念のため起きて確認します。

1時間半の戦い

起きて確認したところ、おむつが濡れているサインは出ています。

妻も一瞬起きたので確認すると前回の授乳は12時とのこと。

おなかがすくには少し早そうです。

なので、とりあえずおむつ替えをします。

すると、おむつをあけた途端、勢いよくうんちを発射。

これが苦しかったのかと、思ったらそうではないらしい。

すぐに口に手をもっていきハムハム。

おなかすいたアピールです。

前回からの間隔も短いので、現在の規定量120mlから少し減らして、80mlの粉ミルクを飲ませます。

飲み切ったところで顔を拝見すると、物足りなそう。

仕方ないので40ml追加し飲ませます。

途中で飽きたのか、ぷいっと放したので寝かしつけようと。

全然寝ない…。

3時半になったところで妻が起きてきてくれて交代。

おしっこが横漏れしていてロンパースを濡らしているという私のミス(そしてそれに気づけていないという落ち度)はあったものの、結果おっぱいが欲しかった様子です。

なんか男親の無力感というか、役に立てていない感を強く感じちゃいました。

ふたばはなかなか寝ない子ちゃん

ふたばはとにかくなかなか寝付いてくれません。

寝たかと思って、置くとすぐに起きる。

そもそも抱っこしてもなかなか寝ない。

ベッドにひとりというのを敏感に察知しているのか…。

そして良く動くんです。

動く結果、起きる。

いちかは寝つきがいい方ではありませんでしたが、一度寝ると静かに寝てくれました。

寝かしつけを裏切らない子。

ふたばは胎動のときからよく動き回ってママを困らせるほどでした。

その辺は義母も感じているようで、いちかのときには「育てやすい子だと思うわよ」と頻繁に言ってくれていたのに、ふたばに対してその言葉はありません(笑)

義母が抱っこしている時間も長いですからね。

第二子に対する評価は大きく割れる

「第二子は手がかからなかったわ」なんて声を耳にすることが多いです。

第一子がいる中で育つから、ちょっとしたことでは動じないっていうんですかね。

うるさい中でも良く寝てくれる、っていう評価です。

そんな中、接骨院の先生からは「注目を集めるために第二子はうるさいって聞くぞ」という話も聞きました。

評価が真っ二つですね(笑)

ふたばは接骨院の先生から聞いた説のほうにしっくりくる気がします。

うなり声も抱っこでおとなの体温を感じているときにはしません。

ですので、ふたばなりのかまってコールなのかもしれないですね。

赤ちゃんだってひとそれぞれ。

一般論や他人の話は参考にしても、それを100%あてにするのではなく、しっかり赤ちゃん自身を見てあげたいですね!