デイ・オブ・ザ・デッド「IPA」~ビール備忘録vol.

今日いただいたビールはデイ・オブ・ザ・デッド「IPA」です!

デイ・オブ・ザ・デッドとは

デイ・オブ・ザ・デッドはメキシコのバハカリフォルニア州のマイクロブルワリーで作られているクラフトビールです。

骸骨が描かれたラベルに「デイ・オブ・ザ・デッド」のブランド名。

おどろおどろしい感じがしますが、こちらはメキシコの伝統行事「死者の日」をモチーフにしたからです。

死者の日はメキシコでは祝日。

10月31日~11月2日の間、家族や友人が集まって亡くなった親しい人への思い持ち寄り、語り合い、歌って踊ったりする日本でいうお盆のようなものです。

亡くなった人に思いを寄せる際に飲もうと作られているビールのようです。

その証拠に「デイ・オブ・ザ・デッド」のTwitterでは有名人の命日をTweetして、どのビアタイプのビールを飲んだらよいか教えてくれています。

IPA

輸入元のリードオフジャパンのHPをみると6種類紹介されています。

ヘーフェバイシェン、アンバーエール、IPA、ポーター、チョコレートスタウト、ダブルIPAです。

その中のIPAを買って飲んでみました。

HPでは「フローラルな香りとは対照的な、インパクトのある強い苦みが特徴のインディアペールエール」とあります。

実際飲んでみると、苦みはほんと強いです!

私がIPAに求めるホップの香りは弱いですね。

IPA好きでも評価が分かれる1本かと。

販売情報

デイ・オブ・ザ・デッド「IPA」
販売:リードオフジャパン株式会社(東京都港区)
容量: 330ml
価格: 401円(税込)

買ったお店
カルディコーヒーファーム 用賀店
東京都世田谷区用賀4丁目11−13
TEL: 03-3700-7710