「流輝 純米吟醸 一回火入 山田錦」× 鍋 ≪とりあえず日本酒で!≫

今回いただいた「流輝(るか)」は群馬の「松屋酒造」の日本酒です。

これで群馬の酒蔵9つ飲んだことになりました。

松屋酒造について

松屋酒造は群馬の南西部に位置する藤岡市で酒造りをしています。

この地で酒造りをしているのは、ここで酒造りをしていた酒蔵が身売りしていたから。

富山県で江戸時代から米問屋、明治時代から酒造りをしていた酒蔵が、戦後の酒不足解消のためにより多くのお酒を造ろうと、売りに出ていた酒蔵を買収したという歴史のようです。

藤岡市は御荷鉾山系から湧き出す名水の豊富なところ。

東京市場への近さもあって昭和26年に松屋酒造株式会社を設立したそうです。

酒造りのモットーをHPから引用します。

平成7年より、南部杜氏に頼っていた酒造りをやめ、自らが杜氏として酒造りを始めました。その際、機械化が進む昨今の酒造りに逆らい、徹底的に手造りにこだわろうと、米洗い・自然放冷等を昔ながらの方法で行っています。本当に『小さな酒蔵』でこそ出来る酒造りです。

徹底的な手造り、これがキーワードなんでしょうね!

代表的な銘柄は「當選(とうせん)」。

旧字を直すと「当選」で選挙などの縁起ものとして使われているみたいです。

流輝 純米吟醸 一回火入 山田錦

今回いただいた「流輝」は松屋酒造を全国区にのし上げた2009年に誕生した新ブランド。

山田錦を使った一回火入。

ラベルにある蔵元のコメントは以下のようなものです。

果実のような香りに優しい甘味が広がります。
流輝らしいスタンダードな味わいです。

山田錦で火入れしたタイプであればスタンダードというにふさわしいですね。

ほんのり甘い落ち着いた味。

香りも穏やか。

食前から食中酒にもってこいです。

寒くなってきたのでお鍋とともに。

火入れについて《未完成…のちほど完成させます》

冷蔵技術が発達していなかったころには、瓶詰の前後に2回火入れするのがスタンダードでした。

火入れをすることで

販売情報

流輝 純米吟醸 一回火入 山田錦
販売:松屋酒造株式会社(群馬県藤岡市)
容量: 720ml
価格: 1,540円(税込)

買ったお店
e-Wine(ネットショップ 運営元:有限会社斉藤酒店)
住所:栃木県大田原市美原1-1-7
電話:0287-22-2505