仙禽「夢ささら」×あさりとキャベツの春炒め ≪とりあえず日本酒で!≫

仙禽の2本目は、夢ささらというお米で作った日本酒です。

栃木県が13年かけて開発

今回いただいた仙禽は「夢ささら」というお米で醸したものになります。

この夢ささらというお米ですが、2005年から足かけ13年の年月をかけて栃木県が開発した新種です。

2018年に品種登録されたばかりです。

名前に含まれている「ささら」ですが、これは酒造りに使う桶や樽を洗う時に使われていた道具のことです。

初めて知った単語でしたー!

山田錦を母にもつ

「夢ささら」は吟醸など高級酒向けの新しい酒造好適米を作ろうということで、開発されたお米。

夢ささらの母は酒米のトップ山田錦です。

山田錦の改良ということで、山田錦と同等又はそれ以上の大きな心白を持ちます。

また玄米を削る際に砕けにくいため、大吟醸酒造りに適しているとも言われます。

生産面では、山田錦と比べて病気に強く、倒れにくく生産性が良いそうです。

なんか完璧な酒米に見えますね!

爽やかな酸味はあさりと春キャベツの春炒めと

夢ささらの特長を生かして、50%まで精米した日本酒です。

あえて名乗っていないのかもしれませんが、50%まで精米してますので、純米大吟醸を名乗れるクラスのお酒です。

爽やかな酸味が飲みやすいです。

そんな軽快な日本酒は春が旬のあさりと、キャンディキャベツ、豚肉の春炒めと。

キャンディキャベツの甘みと日本酒の酸味が心地よかったです。

販売情報

仙禽 夢ささら
株式会社せんきん(栃木県さくら市)
容量: 720ml
価格: 1,728円(税込)

買ったお店
酒の秋山 楽天市場店
住所:東京都練馬区豊玉上1-20-1
電話:03-3992-9121