イクメン的おすすめお出かけスポット② ~科学技術館・前編~

先日、九段下にある科学技術館に行ってきました。

妻のママ友からの情報で、「1歳児でも十分楽しめた」、と聞いたので「目指せリケ女」ということで(笑)

皇居近くの北の丸公園内にある施設です。

外観はちょっと古めかしい感じですね。

公園ということもあって、駐車場はたっぷり。

到着した10時半の時点では一番近い駐車場は埋まっていましたが、そのほかにも停められるところはたくさんあるので安心です。

電車で行っても、九段下駅、竹橋駅から徒歩10分程度です。

大きなシャボン玉に包まれる

今回、科学技術館で連れていきたかったのがこれ。

シャボン玉入り口

最近シャボン玉が大好きな娘が、大きなシャボン玉に包まれたらどんな反応を示すのか!?

それが見たかったのです。

最初はひとりで装置の中に立つのが怖くて嫌がっていましたが、ママと一緒に何回か経験したのち、ひとりで入れました!

シャボン玉の中の娘

不思議そうに両手で触ろうとしていたのが印象的でした。

意外とこのシャボン玉、きれいに作るにはコツが必要で、最初のうちは全然うまくいきませんでした。

思い切りやるのが秘訣っぽいです。

煙の竜巻をしげしげ眺める

お次はボタンを押すとけむりが渦を巻くというもの。

竜巻とかそういったものの原理が学べるんですかね。

ボタンを押したあと、興味深げに眺めていました。

うずを眺める娘

これらは5階I室「ワークス」というお部屋にあります。

時間ごとに実験教室などもあり、大きくなったらまた連れていきたいお部屋です。

鉄球を動かし、動いた鉄球を眺める

続いては物理的なものの動きがわかるお部屋。

基本的な機械要素(歯車、バネ、ネジ等)やそれを応用した装置がずらりと並びます。

鉄球をうまく動かして、慣性の法則やエネルギー保存の法則などで部屋の中を一周させる学びや、滑車を使って車を持ち上げる学びなどがあります。

車を持ち上げる娘

その中でまだまだ力のない娘ちゃんができたのは、実際のクレーンを使ったクレーンゲーム。

レバーを使ってクレーンを動かし、鉄球を持ち上げて、目標のところに落とすものです。

ほぼママが操作していましたが、うまく落とせたときには嬉しそうでした。

クレーンを動かす娘

5階D室「メカ」というお部屋でした。

鏡にうつったたくさんの自分を眺める

たぶん、ここがこの日のハイライトだったと思います。

三面鏡のように鏡が並んだスペース。

鏡の間に立つと何人もの自分が写りだすというものです。

普段見ている鏡だとひとり写るのが精いっぱい。

それがここの鏡だと、3人だったり4人だったり!

自分が動くといっしょに動く姿が3つも4つもある!

鏡の中のわたしと対面する娘

それがとてもうれしかったみたいです。

抱き付こうとしてみたり、指さしてみたり、とにかくはしゃいでいました。

相当楽しかったようで、帰り道の抱っこで「かーみ、またあっぶ(鏡でまた遊ぶ)」と言っていました。

こういうの聞くと連れて行ってよかったなとホントに思います。

こちらは5階E室「オプト」というお部屋でした。

長くなったので、残りは後編へ。

 

イクメン的きょうのひとこと

「かわいい娘がたくさん写ってパパもうれしかったです」