目指せ180°開脚!35歳がチャレンジする股割週記 ~0週目~

小さなころからあこがれていた、ベターって上半身が床にくっつく180°開脚。

体がかたかった私はストレッチが大嫌いで、長座体前屈なんて苦痛で仕方ありませんでした。

35歳になったいま、その180°開脚をめざしてみようと思っています。

どうしていまさら始めようと思ったの?

冒頭の画像、180°開脚できている写真です。

これ、私の2つ年下の弟の画像です。

彼はいま180°開脚できています。

なぜか?

彼のいまの仕事でパートナーストレッチのトレーナーをやってます。

パートナーストレッチとは、セルフストレッチでは伸ばしきれない部分をトレーナーの力を借りて伸ばすというもの。

トレーナーでありながら、体がかたいというのはあり得ないということで、毎日ストレッチをしていたそうです。

もともと、私と同じくらい体がかたかった弟。

その弟でもできたのなら、私だってできるはず、と思ったのがきっかけです(弟に負けたくないって気持ちかもしれませんが(笑))

どうやって頑張ろうか

今回のチャレンジで参考にする本はこちら!

「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」

2016年に発売されて一世風靡した感のある本です。

いつかやろうと思って買ったものの、私の書棚では、見事に積ん読になっていました(笑)

本当に4週間で達成は可能なのか?

まぁ、話題になったストレッチ法なので、いろいろな人が4週間チャレンジしています。

そして多くが挫折しています(笑)

ブログで報告している人で、ざっと見渡した限り4週間で成功した人はいないようです。

私が本当に手に入れたい姿は

私は別に4週間で成功しようとは思っていないので、気長に毎日続けて、いつかは180°ということです。

それに正直に言えば、180°が最終目標かと言われるとそうでもなく、柔軟性の高い体を手に入れたいというのが本当の目標です。

わかりやすく成果を書いていこうと思ったときに、脚の開き具合なら角度出して書けるかな、と。

そういえば180°開脚ってあこがれたことあったな、と。

そういったところからの「180°開脚チャレンジ」です。

肩甲骨のストレッチでの成功体験がある

過去に肩甲骨周りの柔軟性高めたくなって、徹底的にストレッチをして目標を達成したことがあります。

片手を上から、もう片手を下から背中に回し、手を組むというのがあるかと思います(ストレッチの姿勢を文字で説明するのって難しいですね(笑))

右手が上にきた場合は簡単に組めるのですが、左手が上だとまったく組めませんでした。

それが悔しくて(←なぜ?(笑))、左でもできるようになろうとストレッチを続けました。

するとある日、このように右と比較するとまだまだですが、組めるようになったのです。

これが、なんだかとてもうれしくて。

こういう成功体験もあるので、180°開脚もあきらめずに続けたら達成できるのでは?と思った次第です。

男の脚開いた画像なんて面白くもなんともないでしょうが(笑)、180°開けるその日が来るまで辛抱強く投稿していきたいと思います。

スタート時の開脚はこれだ!!

そしてこれがチャレンジ0週目の開脚!

11月4日(日) 126°

自分が思っているよりも開けている!

とはいえ、180°まではまだ54°あります。

次の経過発表は11日(日)。

1週間ストレッチが継続するのか?

開脚の度合いは進むのか。

私が一番楽しみです。

では、また来週♪