祝・ザスパクサツ群馬J2昇格!得失点差で藤枝MYFCをかわし2位を死守。来季はJ2で戦います!

J3最終節が12月8日に行われ、ザスパクサツ群馬は福島ユナイテッドに2-1で勝利。

勝てば昇格が決まる大事な試合で勝利し、無事3季ぶりのJ2復帰を果たしました。

注目を再開したラスト3節、3連勝で期待に応えていただきました!

ザスパ昇格の条件はどうだったか、おさらい

33節終了時点でザスパは勝ち点60で昇格圏内の2位でした。

3位藤枝の勝ち点も60。

得失点差でかろうじて上回っている状況でした。

一方で藤枝はライセンスの関係で2位に上がっても、J2への昇格はありません。

ザスパ昇格の条件は…

勝てば文句なしの2位&昇格。

引き分けた場合、藤枝が負けか引き分けで昇格。

負けた場合、藤枝が負ける必要があります。

そのような中で迎えた最終節。

両チームを並べて振り返ってみたいと思います。

最終節前半の状況

ザスパはアウェイで11位の福島と対戦。

藤枝の最終戦はホームで前節で優勝を決めたギラヴァンツ北九州とです。

前半はザスパはポストに当たるシュートなどもあり、押し気味に試合を進めますが、0-0で折り返し。

藤枝も北九州を崩せず0-0で前半を終えます。

このままいけばザスパ勝ち点61、得失点差+24

藤枝勝ち点61、得失点差10で、ザスパ昇格です。

試合が動いたの後半

試合は後半になって動きます。

ザスパは48分渡辺広大が見事なボレーシュートを福島ゴールに叩き込み先制。

続けて55分には高澤優也がPKを決め、今季17ゴール目を挙げました。

FC東京U-23の原が2ゴールをし19得点としたため、得点王はとれませんでしたが、しっかりエースの働きをしてくれました。

これで2-0。

この時点で藤枝は0-0でしたので、昇格を手にしたような状況でした。

後半終了間際にまた試合が動く

このままいけば昇格という状況で、84分福島のストライカー・イスマイラに得点されます。

これで2-1です。

まだリードしていますが、もし福島にもう1点決められ、藤枝が1点取ったら昇格はなしです。

なんとかしてこのリードを守って勝ち切りたい。

チームもサポーターもそう望んでいたと思います。

さらに試合が動いて90+2分、アディショナルタイムに入り、藤枝が岩淵のゴールで勝ち越し。

これでザスパは勝つしかなくなりました。

ほんの数分ですが、DAZNで観戦しながら、祈るようにザスパの守備を応援していました。

アディショナルタイムを耐えきり、ザスパは2-1で勝利。

自力で昇格を勝ち取りました!

まとめ

出身県のJチームということでひそかに応援していたザスパクサツ群馬。

チーム内のごたごたがあってJ2から降格したときには失望しましたが、見事に復活してくれました。

来季はJ2で厳しい戦いとなることが予想されます。

会場も遠いですし、メーンで応援しているチーム(川崎フロンターレ)もあるので、そこまで時間はさけないとですが、応援は続けます。

DAZNでの観戦が主ですかね。

いやー、川崎の優勝がなくなってからのロスから救ってくれました(笑)

競合しない範囲でひいきのチームがあるってのはいいですね!