「ヤクセルこども安全包丁」のレビュー ~キッチン好きの娘のために~

先日、包丁の使い方を学ぶという意味で購入したと投稿した「ヤクセルこども安全包丁」。

その使い心地をレビューしたいと思います。

予想どおり切れない

先日の投稿でも予想してみましたが、その予想どおりでした。

まったく切れません(笑)

手を切らないようにと安全な設計になっているがゆえ、食べ物のほとんどが切れません…。

説明には「フルーツや茹でた野菜、ウインナーなど柔らかい食材にお使い頂けます」とあるのでまったくうそはありません。

この包丁を使ってきるフルーツって何だろう?ってちょっと考えちゃいます。

すいかを割るのは無理だし、リンゴの皮むきも難しそう。

むいたバナナを切るくらいか…。

茹でた野菜っていうのも切る機会ないよねぇ。

練習のための練習になりそう

この包丁を使うために、切る食材を準備するって必要がありますね。

ただただ練習するってだけならありでしょうけど、料理の一環として切るってことにはならないですね。

練習のための練習って感じになっちゃいます。

力で押し切るか、のこぎりみたいにぎこぎこやる必要があって、本来の包丁の使い方の練習になっているかあやしいです(笑)

写真は笹かまぼこを切っているところ。

けがなく包丁を使うまね事ができる、くらいに考えるのがよさそうです。

料理を覚えさせるという観点なら

せっかく興味を持ったのなら、本当に料理をさせたいと思う方もいると思います。

うちもそうですが、そういった方の場合、このヤクセルこども安全包丁では物足りなく感じるでしょう。

そういう方はちょっと手がかかりますが小さめのナイフ(ペティナイフ)を持たせて、二人羽織のような態勢を取るのがいいんでしょうね。

よく切れる包丁で、娘の手をしっかりと持って危なくないようにした上で、食材を切る。

こちらのほうがより効果的かと思います。

ヤクセルは岐阜県関市の刃物業者

念のため、余計なおせっかいかとも思いますが、ヤクセルの名誉のため(笑)。

ヤクセルの包丁が切れないというわけではないです。

ヤクセルは刃物どころの岐阜県関市の業者で、とてもしっかりとした包丁も売っています。

創業80年の老舗です。

ってホントに余計なおせっかいでしたね(笑)

これから娘とたくさん料理します

とまぁ、娘用の包丁は手に入りませんでしたが、これからたくさん娘と料理していきたいと思います。

やる気にはやっているようなので、この伸びるチャンスを逃さないようにしたいと、父は意気込んでおります!

 

イクメン的きょうのひとこと

「はやく手助けなくひとりで包丁が扱えるようになるといいね」